ページトップ質問箱カーテン寸法の測り方ご注文方法

カーテン寸法の測り方

カーテンの寸法はメジャーさえあれば、簡単に測ることができます。
是非とも挑戦してみたください。

1.窓の形状を調べる
窓の形状といっても大きくは2種で、

床からの掃きだし式の窓(掃きだし戸タイプ) と

いわゆるの窓(窓の下に壁等がある、埋め込み窓)

の2種です。
窓の形状によって 以下の丈の寸法の決め方が違ってきます。

2.巾、丈 を測る。
お見積もり、ご注文に必要なのはカーテンレールの長さリングから下の長さです。
床からの窓の場合はカーテンレールの長さが となり、リングから床までが   です。
遮光性を重視する場合は丈を3cm〜5cm長めにして床を擦るようにすると良いでしょう。

埋め込みの窓はカーテンレールの長さが  で、リングから窓の下枠+15〜20cmが  です。
大きい窓や遮光性を重視する場合は、丈はもう少し長めがよいでしょう。(窓の下枠+25〜40cm程度)

(左)床からの窓   (右)埋め込みの窓

3.レール(フック)の形状を調べる。
お見積もりには必要ありませんが、注文時に必要です。大きくは2種で、レールが窓から部屋側に
張り出したタイプの B型(Bフック) (カーテンを取り付けたとき、レールが隠れる) と
レールがカーテンボックス、天井、窓枠の上面に取り付けてあるA型(Aフック) があります。
レールの形状を間違うと、カーテンが取り付けられないので注意してください。

(左)窓にレールのみ取り付けてある場合   (右)カーテンボックスにレールが取り付けてある場合

そのほかの形状や、形状がわからないときはお問い合わせください。

4.開き・ヒダを選ぶ。
カーテンを閉めての利用が多い場合は2倍ヒダをお勧めします。
ヒダ数によって金額が変わります。2倍ヒダ、1.5倍ヒダ、ヒダなしからお選びください。
<--------------> 巾 <--------------> 巾
←片開き

←両開き

両開きは分割2枚合わせた長さが巾となります

ヒダ数はカーテンを閉めた状態での生地のゆとりです。2倍ヒダであればカーテンの巾の2倍の生地を使用しますのでカーテンを閉めてもヒダが伸びないので豪華な雰囲気がでます。防音効果も向上します。

予備知識 カーテンの金額のしくみ

カーテンの金額は使用する生地の面積によって決まると思いがちですが実際は少し違います。生地には生地幅があり、通常は1m程度です。それをつないでカーテンに縫製します。生地を何m何cm使うかで金額が決まるのです。

オーダーカーテンの場合、(巾の寸法×ヒダ数) にあわせて生地を何枚つなぐかを決めますが、例えば生地を2枚つないで (巾の寸法×ヒダ数) に1cmでも足りない場合は生地を3枚つなげなければいけないので、巾の1cmの差で金額が約1.5倍になる場合もあります。(この場合かなりの生地の余りがでますが、丈の関係もありなかなか別のサイズには利用できません)

またヒダ数が違っていても金額が同じというケースもありますがこれも生地幅の関係です。